大学受験の参考書選びについて・・・・・

大学受験を公立小学校、公立中学校、そして公立高校から目指し、現役で国公立の大学を目指すのは、なかなか容易なことではありませんね。
難易度の高い、偏差値上位の大学を現役で合格しようとする場合、やはり小学生から各段階で目的を持って大学受験に挑んでいかねばならないと考えています。


大学受験が現として存在する限り文部科学省も「ゆとり教育」も見直しを余儀なくされ、小中学校での学習内容についても改善がなされていは行くと思われますが(現に大学受験を意識した小学校教育がなされつつあります)、やはり大学受験を意識しての学習は家庭学習を計画的に行わなければならないことはいうまでもありません。

そこで早期に大学受験を意識する親御さんたちが頭を悩ます問題の一つが、大学受験のための参考書・問題集選びです。言うまでもなく小学校・中学校から大学受験を意識した参考書・問題集選びは子供たち本人だけでなく、大学受験を経験した親御さんたちの責任でもある訳です。

地方の公立校の子供たちにとって大学受験に関して良い環境になっていると考えられるのは、大学受験に関する「情報の共有化」だと思います。もちろん、私たち親が大学受験情報(参考書・問題集選びを含めて)アンテナを張って大学受験情報を取り込まなければ得られませんが、その気になれば大学受験・教育情報は取り入れることが可能ですね。

このブログでは、寺子屋主人の私が子供たちの学力向上のお手伝いをさせていただいている中で、大学受験を意識した効果の上がる参考書・問題集をご紹介したいと思います。

子供たちに個性があるように、大学受験参考書・問題集にも個性があります。
ですから、自分に合った大学受験の参考書・問題集を正しく選び学力向上を図る必要があると思います。
誰にでもマッチする大学受験用参考書・問題集となるとなかなか少ないです。皆さんのお子様方に合ったお子様にあった大学受験を目指す小学校からの参考書・問題集がご紹介できれば幸いです。
小学校から大学受験を目指すための参考書・問題集は星の数ほど世に出ておりますし、誰にでも合うという大学受験参考書・問題集は存在しないと考えます。さまざまな著名な方々が大学受験を小学生から意識して家庭教育に盛り込む手法なども紹介されています。このブログでも大学受験を「公立小学校」から目指すための参考書・問題集に重点をおいて紹介するつもりです。
大学受験は公立小学校から目指す!という方たちの参考になればありがたいことだと考えています。
是非家庭学習から、大学受験は始まる、そして親たちの一つの大事な選択の一つに参考書・問題集選びがあるとお考えになる方々は、参考にしてみてください。
数ある大学受験ページより当サイトにお越しいただきまして誠にありがとうございます。

大学受験を意識した、小学生、中学生の学習方法などもあわせてご紹介させていただいておりますが、これらはあくまで地方の寺子屋を運営する上で得た方法論であり、かつまたわが子を公立の小中学校・高校から国公立大学へ合格させるまでの大学受験のための方法論のひとつであり、全ての方々にあてはまるなどという恐れ多いことは全くもって考えておりません。
小学生から意識する、大学受験参考書・問題集と同様にこの学力向上の方法論の一つとして皆様方の選択肢の一つとなればと考えて提案させて頂いております。
その点をご了解の上、ご覧いただければ幸いです。

【大学受験】偏差値70越えの医学部生の大学受験勉強法+センター試験勉強法