大学受験寺子屋主人が選ぶ小学生からの参考書ベスト100

国公立大学現役合格を目指す、公立小中学校、高校生のための参考書選びを寺子屋主人がお手伝い。子供の個性と参考書の個性がマッチすれば自学学習で、寺子屋要らず!

小学生の学習法

徹底反復「社会プリント」の評価

徹底反復「社会プリント」
          徹底反復「社会プリント」
           (小学校3〜6年対象)
     http://saitazo.sakura.ne.jp/web/hanpuku.html


これ、小4の娘も始めました!

固有名詞(県名、人名など)の漢字練習欄もあり、小学生にはばっちりです!(うちでは中学生がメインに使ってますが・・・)


     http://saitazo.sakura.ne.jp/web/sokudoku.html

そろそろ、分速1000字を大きく超えるようになりました。

完全に娘に抜かれました・・・・・

      ∵*∴         ∵*∴         ∵*∴


陰山式の反復プリントは、家庭で利用するにはやはりいい教材です。

いろいろ批判がありますが、私は効果の方を評価したいと思います。

   http://saitazo.sakura.ne.jp/web/KageyamaMethod.html


何事でも基本をマスターするためには、単純な反復学習をある程度積む必要があると考えます。

上でも書きましたが、内容をコンパクトに絞込み、時間を意識することにより、子供の集中力を引き出す工夫がなされていると考えるからです。

地元の小学校内でも、使う先生と、絶対使わない先生に完全に2分されるようです。

上の娘の時には担任の先生が使ってくれたために数学の基礎力が飛躍的に伸びました。

漢字・計算に関しては今のところ・・・・・ですが、だいじょぶそうです!


    http://saitazo.sakura.ne.jp/web/KageyamaMethod.html

集中力がなかなかつかない、毎日5分でも10分でも学習習慣を付けたいという方は一度ご覧下さい!

徹底反復計算さかのぼりプリント

徹底反復計算さかのぼりプリント
         「徹底反復計算さかのぼりプリント」
     http://saitazo.sakura.ne.jp/web/KageyamaMethod.html


小学生が計算問題につまづき始めたらとても有効な教材です。

前学年の計算(その前も)まで振り返りながら、当該学年の計算を反復学習することで、計算問題をすらすらできるようにします。

計算の仕方もワンポイントでついていますので、一人で学習し、親御さんが確認してあげる、そんな家庭学習教材として利用できるのではないでしょうか。

また、夏休みを利用して当該学年の計算問題を先取りして学習するのにも利用できます。

この計算プリントと徹底反復漢字プリントで国語・算数の基礎力は充分に習得できると思います。


      ∵*∴         ∵*∴         ∵*∴


【コチラは定番になりそうです!】

夏休みに集中学習で復習・予習なら陰山式の反復プリント(小学生)
http://saitazo.sakura.ne.jp/web/KageyamaMethod.html

夏休みに記憶術を身に付けようかな・・と思う方は・・・(中高生)
http://saitazo.sakura.ne.jp/web/Mukunoki.html

本格的な速読術は夏休みに!?
http://saitazo.sakura.ne.jp/web/sokudoku.html

陰山流・日本語トレーニング百ます書き取り―「日本語力」を鍛えれば、学力はつく! 小学校全学年用

国語力をアップするための基礎となる、
読む・書くの「書く」を徹底させる書籍が遂に、蔭山式から登場しましたね。

この書籍は「書く」に焦点を当てていますが、
別の見方からも良書ということができると思います。

当ブログでご提供させていただいている「無料レポート ドラゴン桜に挑む」にも実は言及している方法論なのですが、
「教科書を時間を決めてなるべく速い速度で写しまくる」
という方法です。

なぜに教科書を写すことにそんなにこだわるのかといえば、
「正確に写す」ことができない子供たちが多いからです。

大人にとって当たり前の「写す」ことが子供には当たり前ではないのです。

この写す作業が正確にできないことが、読解力、音読、書き取り、文章題など国語力全てに影響が出てくるというのは誰しもが認めるところです。

その意味で、この蔭山式の「日本語トレーニング百ます書き取り」は、お薦めできる良書ということができると思います。

また、この「日本語トレーニング百ます書き取り」には、CDが付属しており、音読される文章をひたすら書き取るという作業を行います。
つまり、耳から入ってきた情報をすぐに書き取るという作業をする訳です。
勿論このままでも充分効果がありますが、
一歩進んだ方法で、

音読される文章を早いスピードにして流す。
という方法も挙げられます。
寺子屋では一問一答の暗記などに使用しているのですが、
フリー(シェア)ウェアで「聖徳」というソフトがあります。

このソフトを使うことによって、通常の音読スピードを2倍、3倍に上げて録音し、CD化することができます。

耳を鍛えることが大事だということは、最近充分に認識されていることですが、
このような「日本語トレーニング百ます書き取り」などを使い、子供たちの国語力が上げられるのであれば、一石二鳥です。

どうも音読で詰まる、文章を正確に読みとれない、そんな小学生、中学生にお薦めできる書籍です。

陰山流・日本語トレーニング百ます書き取り―「日本語力」を鍛えれば、学力はつく! 小学校全学年用
陰山流・日本語トレーニング百ます書き取り―「日本語力」を鍛えれば、学力はつく! 小学校全学年用

小学英語学習:フォニックスとは・・・

小学生の英語の先取りとしての必要充分なものとして、ローマ字と
「フォニックス」をご紹介しましたが、最近の公立中学では教科書にフォニックスについて若干触れてはいますが、親御さんたちにはなじみが少ない場合がありますので、少しだけ触れておきます。

日本語の場合、「あいうえお」という文字は、それぞれの文字に名前と読みがあり、ほとんどの場合、「文字の名前=文字の読み」になります。
「が」をガチョウの「が」と読んだり、くっつきの「が」と読むときは音が違ってきますが・・・・・

英語の場合は、「ABCD」をエイ・ビー・スィーと読むことは少ないのです。
つまり、私たちが英語の第一歩として覚えるアルファベットは、
英語の「文字の名前」だと言うことができるでしょう。
大事なのは、この文字に「読み」が存在するということです。

例えば、「A」の基本的な読みは、「ェア」(強いア)です。
CAT(猫)の発音に含まれるAの音がこのAの基本的な音になります。

CとKの基本的な読みは「くッ」、
Tの基本的な読みは、「つ」(つの「う」の音がない息だけの音:ッ)です。
CATの場合、これらをつなげると
「クッ+ェア+ッ」を早く読むとキャットとなります。ですが日本人が発音する場合のキャットには、「ト」のうしろに「お」という音が続いてしまいますね。それがないのです。

英語講座などの外人さんの発音などを聞いて頂くとお分かりになると思います。
(言葉で書くと面倒ですね・・・)

このように、A〜Zまでの音を覚えること、そして、
基本的な規則(単語の語尾にeが付いたら、そのeは発音せず直前の母音をアルファベット読み、つまり文字の名前で読む・・・など)を覚えることによって、つづりと音が一致することになります。

(例)
cut カット
cute キュート

このようにフォニックスの基本的なルールを覚えておくことで中学生の単語は読めればほとんどが書けるということになるのです。

このようなことは、外国人が、初めて聞いた日本人の名前でもしっかりローマ字で書けることを考えれば、「発音=つづり」というルールが成り立っていることがお分かりでしょう。

決して、英語の単語は音とつづりが全く別に存在しているわけではないのです。
そして、このルールを学ぶことにより、

「テンプラ」のンが、mであり
「テンドン」のンが、nであることが理解できます。

(tempura, tendon)

小学英語は必要か・・・

小学生のうちに英語を先取り学習しておくことは果たして必要なことでしょうか。

最近の小学校では、公立の小学校でもALTの先生方がお越しになって英語の授業をなさる機会が増えているようです。

それでは、家庭で英語の学習を先取りして行うことが果たして得策なのかを考えてみたいと思います。

結論として言えば、少なくとも小学5年生までに英語を学ぶことは現在の公立小学校では、その生徒は必要ないと考えます。

もちろん、学習としてではなく、習い事の、趣味の部類として捉えた場合はその限りではないですが、少なくとも国語・算数などと同列に扱うことは不要であり、先取りしたからといって中学に行って英語の成績が上がるとは言えないようです。

英語は語学であるから「慣れ」を重視してできるだけ早く耳を慣らす必要がある。こういう考え方ならば、もっと小さいうちからやらないといけないと思います。いきなり小学校の低学年から英語を始めるというのは極端な話、「百害あって一利なし」ということもできるかもしれません。
国語・算数の力がしっかりついている小学生の生徒なら、6年の後半あるいは中学入学を目前にしてからでも充分に公立中学の英語についていくことができるでしょう。

小学生がやっておくべきことの最低限とすれば、ローマ字とフォニックスくらいで充分だと思います。

国語・算数はできない・・かつ、ローマ字もほとんど書けない、子供たちが単語の10や200を先取りして覚えたとしても中学に入り、どん詰まり状態(言葉が悪いですね・・)になることは、目に見えています。

英語学習を中学に入ってスムーズに行うなら、先ほど申し上げました、「ローマ字とフォニックス」この2つで必要充分だと考えて間違いないと思います。

算数・国語で加速度的に学習の習慣が付いている子供たちは現在の公立中学の英語などはものともせずについていくことができ、早ければ2年生後半には中学生の英語を自力で終わらせることぐらい難なくこなせるようになるはずです。

小学時代の国語の学習とは・・・(まとめ)

小学時代の国語の学習とは・・・(まとめ)

先日まで、小学生の家庭学習での国語の大事さを書かせていただきました。

家庭学習での国語の大事さは、あらゆる教育の場で大きく取り上げられてはおりますし、学校の場でもその重要さを認識して国語に力を入れていくということも叫ばれはしています。

しかしながら、残念なことではありますが、現在の公立小学校の授業時間数では、漢字の学習、教科書の音読程度の内容に終始する程度になってしまうのは致し方ないことだとも考えられます。

ですから、家庭学習ではその重要さを子供たちに「親が」伝え、言葉を覚えることの大事さ(語彙力を増やす)、文章を暗記することの大事さをきちんと話してやることが大事だと考えます。

そして、文章は「自分の考えで味わう」という側面の他に、書き手の主張・考えを客観的に読み取らねばならないという側面が存在するということを伝えなければならないと思います。

そして、ある意味残念なことではありますが、自分の意見よりも作者の考え方をきちんと読み取りその主張を答えることで答案用紙に反映させるという、客観的な読み取りがテストの点数を向上させることにつながるということを伝えなければならないでしょう。

遅くとも、小学校の高学年には文章題を定期的に解くことにより、その実践を始めなければなりません。この習慣を続けることで中学・高校にそして大学受験にこの小学生から培った国語力がものを言うこと、また、一朝一夕では国語力はなかなか付きにくいということも私たち親が改めて認識しておけなければならないことではないでしょうか。

小学時代の国語の学習とは・・・(3)

小学生の国語の学習について(3)

前回は、小学時代に国語の力(語彙力・客観的な読解力)をつけておけば中学以降多くの場面で、国語の得点アップ以外にその恩恵にあずかれる、ということについて簡単に書かせていただきました。

それではその、ある意味時間がかかると言われる読解力をいかにして育てていけばよいのでしょうか。

もちろん小学校の低学年から、読解の問題集をどんどんやらせれば良いという考え方もあるでしょう。しかし、それでなくても退屈な(?)文章をみ、問題を解くという作業を現代の子供たちが率先して数十分毎日行えるでしょうか。

結論から申し上げるなら、低学年のうちは、問題を解くという作業を後回しにしてもかまわないので、「読む」という作業を重点的に行ったほうが良いと思います。例えば、教科書の音読を毎日やらせるとか、音読集なり、道徳の本を読ませるとか・・・こういった基本的なことを毎日続けて行うことが重要です。


その効果を確認する方法を書いておきましょう。

・教科書のこれから習うところを、丸写しにさせます。その際時間を計っておくことを忘れずに行って下さい。
・次に、1週間くらい音読を続けて行わせてください。この際最初はゆっくりでもかまいませんので、「てにおは」を間違わないようきちんと音読できるように見てあげてください。
・そして、1週間後再度同じ箇所をノートに丸写しさせてみてください。もちろん時間を計ることを忘れないで下さいね。

いかがでしょうか?

この結果で大事なことが分かります。

・書き写すスピードが格段に上がっている。(文章を覚えているので、教科書を単語ではなく、文としてのかたまりとして見れる)
・語句の間違いがかなり少なくなっている。(言葉に対する注意力が増している)

この音読の訓練を積むことで、文章を客観的に読む際の、文章に対する接し方の基本がマスターできるということが大きいと思います。
音読させる文章をきちんと親御さんが選んでやれば、正に一石二鳥それどころか一石三鳥以上の効果を上げることができるはずです。

小学時代の国語の学習とは・・・(2)

小学生の国語の学習について(2)

前回は小学生の時には、漢字を含めた語彙力を高めることと、ステップを踏んだ読解力、つまり客観的な文章の理解を意識して行うことの大事さと、その読解力が「自学自習の習慣」の原動力になるということを書きました。

それでは、その読解力がどのようなところで発揮されるのかを確認しておきましょう。

まず、

1、「国語」自体の点数が安定します。

  現代文の点数はなかなか一朝一夕では上がらないことを経験している方は多いですね。現代文を読むための読み方を覚えた時にある程度まとまって点数は上がりますが、なかなか上のレベルに上がらなくて苦労したという方も多いのではないでしょうか。やはり文章を読むということが時間がかかるために、演習量を増やせばそれだけ時間がかかるということになり、なかなか速効性の望めない国語に時間をかけられないことになるようです。
ですから、時間のある小学校時代からステップアップしておけば、国語の力は安定して取れるようになるのです。

2、数学など他の教科の文章題、応用題に強くなる

 数学などの文章題が苦手だと訴える方が多いですが、実は数学ではなく「国語」の問題であると認識できている方は少ないようです。例えば、文章題を本文を噛み砕いて読んであげただけで(余計な解説はせず)、立式までたどり着ける子供たちもたくさんいます。結局は問題を読み切れていないということになります。客観的な読み取りの力がアップすればこのような状況は、簡単に打破できるということを確認していてください。

3、作文、小論文、英作文に強くなれる

 国語を学習しているのですから、作文に強くなるのは当たり前のところがありますね。それのみならず「英作文」に効果が出てくるということを考えたことがありますか。
というのも大学入試レベルの英作文の場合、日本語をそのまま直訳しても正しい英語にはならないことがあります。つまり、与えられた日本文を正しく別の日本文に(英訳しやすい)置き換えるという作業が必要になることが多いのです。このような場合にも、国語の力はやはり大事だということが分かりますね。

それでは、この国語力を上げるための具体的な方法論はどのようなものなのでしょうか。

次回はこの点について書いてみたいと思います。

小学時代の国語の学習とは・・・(1)

小学生の国語の学習について(1)

小学生に国語の勉強をしているか、という質問をぶつけた時に、

「やっている」と応えた子供たちに
「何をしているのか」とさらに質問をすると、
大抵の場合、「漢字の読み書き」という答えが返ってきます。

小学生の国語の勉強は、彼らにとって「漢字の読み書き」なのです。
確かに、漢字の読み書きは小学生のみならず中学生にも高校生にも必要な基礎学力の一つであることは疑いありません。

しかしながら、国語の勉強を「漢字」だけと考えられてはたまったものではないということは、中学、高校に入ってから嫌というほど思い知らされるのではないでしょうか。

小学生のうちから、国語の学習の基本は、言葉を覚え(もちろんその一部として漢字も含みます)文章を客観的に読み取るという意識を持っていかなければならないと考えます。

ですから、小刻みなステップで読解問題をこなしていくことで、国語の力は必ずついてきますし、その国語のこそ力が、「自学自習の習慣」を形成するための原動力になるということを認識して欲しいと思います。

大学受験をにらんだ小学生の勉強は・・・

大学受験を考えた小学生の勉強法として大事なこと・・・・・それは・・・

問題を解けることがメインではないと考えています。
もちろん問題を解けるという結果はとても大事です。
しかし、その問題を解けることは当然のこととして、親が小学生の時代に子供たちに求めることは別のことを目指していただきたいと思うのです。

それは、大学受験を公立から目指す時、高校生の時の学習が一番の問題となってきます。その問題とは、高校生の授業では(少なくとも公立では)、全ての問題を解説する時間がない、それだけの授業時間が取れないということです。


つまり、否が応でも「自学自習」の習慣が付いていないといけないということですね。
ですから、小学生の時分にはまず「自学自習」につなげるための学習方法の第1ステップを踏ませる必要があると考えます。

しかしながら、小学校の低学年から、誰の手も借りず、全てのことを子供一人に任せるというのは良い方法であるとは限りません。それこそ答えの丸写しになってしまってもおかしくないでしょう。(答えの丸写しにもそれなりの良い点はありますが・・)

ですから、小学生の低学年時にはまず、机に「短時間」でも「毎日」座るという習慣を付けさせるべきだと思います。教材もなるべく簡単なものを、何度か反復できるタイプのものを選ぶと良いと思います。

「反復する」ということを子供たちは嫌がりますが、1度やった問題でもまだつまずくことがあるということを低学年で気づかせることも大事なことだと思います。

小学生特に低学年において学ぶべきことは、

「毎日机に座る習慣」

「継続して机に座れる習慣」

をどれだけきちんとつけることができるか、この方針を元に日頃の学習を積み重ねてみてはいかがでしょうか。
無料レポート第1弾
ドラゴンレポート
親子で考える「国公立大学を現役」で目指す勉強法
中学TOPを目指すために!
英単語暗記法ならV6000を試す

安心の完全返金保障!【英単語カンタン記憶ソフトV6000】
語呂合わせは、どうも・・・という方に試して欲しいソフト。(視聴可能)
寺子屋主人とは・・
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます。
お役に立てれば幸いです。

お気に入り追加は↓
センター試験9割越え攻略法・・
2013年度大学入試センター試験まで・・

(2013/01/19日〜)

平成21年度以降の大学入試センター試験の実施期日については、「1月13日以降の最初の土曜日及び翌日の日曜日」とすることが文部科学省から各国公私立大学長に対して通知されています。

大平俊介さん勉強法
国公立医学部だけでなく、「センター9割、2次(記述)偏差値70」越えの勉強法、問題集が未だ決まっていない、定番本が分からないという方には、是非ともおすすめしたい学習法・教材です。

大平(おおだいら)さんの新作レポートです。

大学入試にもつながる高校受験勉強法マニュアルDVD
高校受験から大学受験を目指す方々に読んで頂きたい、「正しい学習法」、当たり前に意識しておかなければならない学習法です。学習時間が長いのに、成績が向上しないという方には、是非一読して頂きたいマニュアルです。(大平さん自身の動画でレポートの内容が確認できます)
大学選びの資料請求
徹底反復演習

徹底反復音読プリント―陰山メソッド 小学校全学年 (教育技術MOOK)


理科・社会・計算・漢字。どんな科目でも基本は反復して暗記すること。「知は力なり」をどれだけ早くお子さんに実践させるか。
大学現役合格を確実にするために家庭学習、反復学習の徹底を!
Recent Comments
トラックバックどうも!
資格学校 宅地建物取引主任者 fp (時代遅れのサラリーマンにならない為のホームページ)
資格を取るための学校
  • ライブドアブログ