大学受験寺子屋主人が選ぶ小学生からの参考書ベスト100

国公立大学現役合格を目指す、公立小中学校、高校生のための参考書選びを寺子屋主人がお手伝い。子供の個性と参考書の個性がマッチすれば自学学習で、寺子屋要らず!

小学生の学習:理科・社会

徹底反復「社会プリント」の評価

徹底反復「社会プリント」
          徹底反復「社会プリント」
           (小学校3〜6年対象)
     http://saitazo.sakura.ne.jp/web/hanpuku.html


これ、小4の娘も始めました!

固有名詞(県名、人名など)の漢字練習欄もあり、小学生にはばっちりです!(うちでは中学生がメインに使ってますが・・・)


     http://saitazo.sakura.ne.jp/web/sokudoku.html

そろそろ、分速1000字を大きく超えるようになりました。

完全に娘に抜かれました・・・・・

      ∵*∴         ∵*∴         ∵*∴


陰山式の反復プリントは、家庭で利用するにはやはりいい教材です。

いろいろ批判がありますが、私は効果の方を評価したいと思います。

   http://saitazo.sakura.ne.jp/web/KageyamaMethod.html


何事でも基本をマスターするためには、単純な反復学習をある程度積む必要があると考えます。

上でも書きましたが、内容をコンパクトに絞込み、時間を意識することにより、子供の集中力を引き出す工夫がなされていると考えるからです。

地元の小学校内でも、使う先生と、絶対使わない先生に完全に2分されるようです。

上の娘の時には担任の先生が使ってくれたために数学の基礎力が飛躍的に伸びました。

漢字・計算に関しては今のところ・・・・・ですが、だいじょぶそうです!


    http://saitazo.sakura.ne.jp/web/KageyamaMethod.html

集中力がなかなかつかない、毎日5分でも10分でも学習習慣を付けたいという方は一度ご覧下さい!

高校受験につなぐ小学生の理科学習

徹底反復理科プリント

小学生の社会学習の方法とその必要性については先日書かせていただきましたが、
理科に関しても同様のことが言えます。

理科に関しては加えて言うなら、用語を覚えた後に必ず観察・実験が付いて回るということだと思います。最近の公立高校の受験、入試問題に関しましても、考察力を必要とする問題が増えてきており、その影響で文章を書かせる形式の解答が多くなってきています。

いきなり記述式の問題に対応する学習をとるという方法論もありますが、時間があるならば、やはり順序だてて用語をキッチリ覚えて、その用語を用いた解答を仕上げる練習に入った方が得点能力がつくと思います。

徹底反復理科プリントは、今年2007年に発売されたものですが、徹底反復社会プリントでの高評価が理科の発行につながったと考えます。

この種の教材に関しましては、評価が2分するところではあります。
まず、思考することを優先させるべき、という考え方もあろうかと思いますし、その考え方も否定するものではありません。

しかしながら、公立小学校という高校受験に関するフォローが極めて少ない環境で、まず、得点できる力というものを追い求めた時に、この手の少ない分量を(決して内容が少なくはないのですが・・)反復することで、理科の基本的な知識を「受験を考慮して」身に付けるという点では評価される教材ではないだろうかと思います。

社会の基本的な知識を身に付けることに関してはこの1冊が強力な武器になることは寺子屋にて立証済みです。
理科も同様の効果が得られるものと思います。
社会と同様、暗記物に興味を持たせるための1冊としてご覧になってはいかがでしょうか。

徹底反復理科プリント―小学校3~6年
小学館
陰山 英男(著)
発売日:2007-02

高校受験につなぐ小学生社会科学習

小学生の社会の学習

公立小学校の場合、社会の勉強を受験科目の学習として考えている授業はほとんど見受けられないと言って過言ではないかもしれません。

しかしながら、実は社会、そして理科などの暗記科目と呼ばれる科目は小学校のうちにきちんと基本的な用語を覚えておくことで公立高校の受験をかなり楽にこなすことができます。

公立高校の入試問題を見たことがある方は、ご承知かと思いますが、多くの用語は既に小学校の教科書にも登場するものばかりですね。
残念なことに、子供たちの興味を引く授業に専念するあまり、大事な人名・地名・年代などの基本的な事項・用語を小学校の授業ではおろそかになっていると言わざるを得ません。
もちろん、面白い授業のお陰で理科・社会が好きになり歴史書などを読破する子供たちも稀に表れることもありますが、決して多くはないですね。

小学校のうちから理科・社会に多くの学習時間を割くことは得策ではありませんし、そんな時間があるなら国語・算数にまわしたほうが・・・・とお考えの方もいるでしょう。

そこで、最低限度の社会の用語を反復して覚えておけば、中学に行っても社会の授業が楽になります。
それが、下記に紹介する「徹底反復社会プリント」です。
社会に登場する、地名・人名・用語などの漢字練習や一問一答の問題を解くことで社会の用語をマスターできる仕組みが施されています。
対象が小学3年生〜小学6年生となっていますが、充分中学生の社会に対応できる内容だと思います。

うちの寺子屋では余力のある小学生に家庭でやらせて寺子屋でテストという形態を取っていますが、やはりこの用語を暗記して中学に入った生徒の成績は、社会に関しては満点近い成績をとってきます。

国語・算数の学習に遅れを感じないと思われるご家庭で是非実行していただきたい、
高校受験のための「小学生の社会」の学習書です。


徹底反復「社会プリント」小学校3~6年
小学館
陰山英男(著)
発売日:2003-12-16
おすすめ度:4.0
おすすめ度3 小学生にうれしい社会科の知識
おすすめ度5 よかった!!
おすすめ度4 シンプルでかつベイシック
徹底反復新社会プリント 歴史編―小学校3~6年
小学館
陰山 英男(著)
発売日:2006-11
徹底反復新社会プリント 地理・公民編―小学校3~6年
小学館
陰山 英男(著)
発売日:2006-11

無料レポート第1弾
ドラゴンレポート
親子で考える「国公立大学を現役」で目指す勉強法
中学TOPを目指すために!
英単語暗記法ならV6000を試す

安心の完全返金保障!【英単語カンタン記憶ソフトV6000】
語呂合わせは、どうも・・・という方に試して欲しいソフト。(視聴可能)
寺子屋主人とは・・
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます。
お役に立てれば幸いです。

お気に入り追加は↓
センター試験9割越え攻略法・・
2013年度大学入試センター試験まで・・

(2013/01/19日〜)

平成21年度以降の大学入試センター試験の実施期日については、「1月13日以降の最初の土曜日及び翌日の日曜日」とすることが文部科学省から各国公私立大学長に対して通知されています。

大平俊介さん勉強法
国公立医学部だけでなく、「センター9割、2次(記述)偏差値70」越えの勉強法、問題集が未だ決まっていない、定番本が分からないという方には、是非ともおすすめしたい学習法・教材です。

大平(おおだいら)さんの新作レポートです。

大学入試にもつながる高校受験勉強法マニュアルDVD
高校受験から大学受験を目指す方々に読んで頂きたい、「正しい学習法」、当たり前に意識しておかなければならない学習法です。学習時間が長いのに、成績が向上しないという方には、是非一読して頂きたいマニュアルです。(大平さん自身の動画でレポートの内容が確認できます)
大学選びの資料請求
徹底反復演習

徹底反復音読プリント―陰山メソッド 小学校全学年 (教育技術MOOK)


理科・社会・計算・漢字。どんな科目でも基本は反復して暗記すること。「知は力なり」をどれだけ早くお子さんに実践させるか。
大学現役合格を確実にするために家庭学習、反復学習の徹底を!
Recent Comments
トラックバックどうも!
資格学校 宅地建物取引主任者 fp (時代遅れのサラリーマンにならない為のホームページ)
資格を取るための学校
  • ライブドアブログ