大学受験の現代国語ほど点数が見えない、と答える受験生が少なくありません。

親御さんたちも含めて仰るのが、「本を読まない」「本を読まなかった」、
というような理由です。

確かに読書をしないことが国語の点数、読解力の点数に結びつかないというところに原因の一端があることは否めないとは思います。

しかしながら、大学合格を目指す受験生にとって多くの場合、国語(現代国語)の得点力がないのは、問題を解いていないというところに学力不足の原因があると考えます。

特に小学校、中学校で国語の問題演習を体系的に行わなかった場合、高校にきてつまづくことが数多く見られるようです。
その原因のひとつは、中学までは公立高校の進学校クラスを受験する生徒たちに関して言えば、「たいした勉強をしなくとも合格点が取れる」という状況があるからだと考えます。

ところが、大学入試となるとなかなか「本人の感受性」だけでは得点できないようになります。他の教科と同様に学習、勉強が必要なのです。そして、いざ勉強を始めてもなかなか得点が伸びないのが国語(現代国語)という教科の嫌なところではないかと思います。

国語の得点力アップには、基本的には「文章を客観的に読む力」をつけることに尽きると思います。個人の思い入れなどは問題を解くというときには邪魔になるだけなのです。

考えてみても、国語の解答が個人の感想を求められるのであれば、複数の解答が存在することになり、試験になりません。ですから作者・著者の言いたいことを文章中からしっかりと把握するという作業を体系的に実践する必要があるわけです。

このような読解、むしろ解答能力をつけるための定番本が「出口汪氏」の参考書です。
その手法には、賛否両論がありますが、受験生ならその解説を一度目を通しておかれて損はないと思います。
少なくとも主観を排し、客観的な文章の読解に対する意識が醸成されることは間違いないと思います。
公立高校のサブテキストなどにも登場する隠れた名著だということもできるでしょう。(最近は”隠れた”という表現は適当でないような気もしますが・・)
まだ、手に取ったことのない方は、一度ご覧ください。

小学校で出口汪の日本語トレーニングプリント
中学校で出口汪国語レベル別問題集
などで現代国語の練習を積んでいる方にはすんなりと入っていけると思います。