大学受験の英作文、読解には英語の基本文を暗記することが大事であることは前回述べました。

基本英文700選

この基本英文700選もそうですが、英作文でもっとも厄介なことは、日本文をそのまま英語に直せないというところにあります。
英文を暗記するのはとりもなおさず日本語的な表現を英語ではいかに表しているのかを学ぶことに他ならないと言い換えることもできるでしょう。

その日本語らしい表現を英語に直すという練習に最適な参考書・問題集が下記に紹介している、「英作文のトレーニング(実践編)」です。

標準レベル45題
上級レベル20題の合計65題の例題で成り立っていますが、はっきり申し上げてレベル的にはかなり上のランクに位置すると思います。
この英作文のトレーニングで練習を積めば、ほとんどの難関大学の2次試験ですら合格点を取れることは間違いないと思います。
ただし、基本文、構文なりをきちんと予備知識として持っていないと歯が立たないです。英作文の総仕上げとして利用するのが適切だと思います。

また、この書籍には別冊として基本英文集が付属されています。
どれも短文ながらポイントを抑えた名文ですので、こちらをまず高校入学後なるべく早く覚えておくことができれば英語の力がかなり付くと思います。
(700選を使っている場合は不要です)

この問題集の大きな特徴のひとつとして、書いた文章を自己採点するための採点基準が挙げられているというところがあります。
難易度の高い英作文ですが、繰り返し練習することで高度なの英作文の力が付くことは間違いない内容だと思います。

英作文に自信のない方は、入門編の方から始められればと思います。
(これらの書籍はセンター試験対策には、あまり向きません)