大学受験寺子屋主人が選ぶ小学生からの参考書ベスト100

国公立大学現役合格を目指す、公立小中学校、高校生のための参考書選びを寺子屋主人がお手伝い。子供の個性と参考書の個性がマッチすれば自学学習で、寺子屋要らず!

英文法

歌って覚える 英文法完全制覇(CD付)

英語の偏差値を30から半年で全国1位にしたという、
人気大学講師、 泉忠司著

『歌って覚える』シリーズ・・・

英語を覚えるのに最近は、この手の書籍が高校生に人気があるようだ。

最初に本書を寺子屋で学生が持って、MP3プレーヤーでニヤニヤしながら聞いているのには、あきれてしまったが、確かに解説書を見てみるとなるほどと思えるところがある。

最初に本体の解説を読んでいれば納得したかもしれないが、最初にCDを聞いてしまった私が迂闊だったかもしれない。(笑い)

通学時間などを利用しながら、聞くのには最適な文法書の一冊かもしれません。

但し、歌に乗って英文が読まれていますが、その英文はいわゆる「和製英語」ですので、残念ながらリスニングの勉強にはなりません。

1・2ヶ月でさっとまとめるのに良いかもしれません。

どうも文法書がなかなか最後まで読み通せない、そんな時に気分転換に一気に読みきりながら、CDでノリノリの歌を聴いてみてはいかがでしょうか。

全体の構成としてラブソング調で構成されており、
アップテンポな曲調で日本文、英文が歌われます。

第1章SVOCの最後の文が、
「Summer has our hearts fascinated by its perfect blue.」といった感じです!




大学受験英文法頻出問題演習

大学受験英文法の反復・暗記用の問題集として人気が高い書籍として、

「新・英文法頻出問題演習(part1・2)」があります。

この問題集は、寺子屋主人が学生の時には、1冊でしたが、
現在は、

パート1の文法編
パート2の熟語編

として、分冊になっています。
これに伴い、熟語、前置詞の問題が改定され、現在の入試問題に即した内容に強化されているようです。

編集内容としては、いわゆる解説書ではなく、あくまでも反復・暗記用の文法・語法の演習問題集として位置づけしていただければ良いと思います。

この本を解説書として使うというのはおすすめできません。

見出しが、文法項目ごとに分類されていますので、学校での授業で説明が済んだ単元を問題演習にて定着させるというのが、パート1の使い方としては良いでしょう。

パート2に関しては、夏休みなどの長期休暇を利用して反復し、暗記に努めていただければ、語法・熟語問題に関しては充分に実力がつくと思います。

見開き方の、左に問題、右にポイント、解説(簡単な)という構成になっており、桐原の「英頻」と同様の構成です。

30年以上前からの名著ですが、この問題集の力はいまだに衰えていないようです。
次の長期休暇に英語文法・語法を仕上げようという方におすすめの名著です。

大学受験の英文法(定番本)ランキング

大学受験の英文法を基礎からレベルアップしてマスターする方法論の一つとして、

・基礎解説本(問題集)を利用して英文法の基礎固めをする
・入試レベルの英文法問題を繰り返し、反復練習し実践力を養う

という段階を踏むのが一般的です。
この段階を高校2年までに終えておけば、3年次には英文法単独での演習よりもむしろ総合問題的な、長文読解、英作文などを絡めた演習を行うことができるようになります。
もちろん、赤本(志望校の過去問)などを利用した対策にも十分対応できるようにするためには英文法は早めに攻略しておいたほうが得策であるというのは受験生一般の常識と考えて間違いないようです。

それでは、手始めに読破すべき英文法書にはどのような定番本があるでしょうか。
もっともポピュラーで、内容も充実しているのが、

「旺文社 基礎英文法問題精講」

だと思います。
高校1年生にも比較的取り組みやすく、解説も丁寧です。
この問題集を1冊仕上げて、次のステップに進むのが良いと考えます。
英文法の問題の代表選手というべき例題を分かりやすい解説でまとめられています。
この問題集をできれば夏休みまでに(遅くとも冬休み前)仕上げておけば全国模試でも英語の点数が安定できると思います。

そして、次にレベルアップするための問題集として「定番中の定番」ともいえるのが、

「桐原書店 大学入試英語頻出問題総演習」

でしょう。
この問題集は受験生なら一度は手にとったことがある名著だと思います。
内容もレベル的にも量的にも必要十分だといえます。
ただし、解説がコンパクトすぎるという側面がありますので、こちらを最初に手にするというのはあまりおすすめできません。
一度必ず英文法の基礎問題集(解説書)などをやり終えてからこちらに進まれることが、「急がば回れ」となります。
問題となっている英文は別売CDで暗記の補助をすることもできますので、通学などの時間を利用して学習すれば短期間での習得も目指すことができます。

この2冊を自分のものとすれば、入試問題での英文法の典型的な問題を瞬間的に解く能力が身につくことは間違いないです。
公立高校などでも採用しているところも数多くあります。ただ後者の書籍を3年生になってから配布する高校もあるようですので、できれば2年生の冬休み頃までには一通り目を通すくらいの心構えで練習すれば、英語の得点力が飛躍的に伸びる、安定することと思います。




無料レポート第1弾
ドラゴンレポート
親子で考える「国公立大学を現役」で目指す勉強法
中学TOPを目指すために!
英単語暗記法ならV6000を試す

安心の完全返金保障!【英単語カンタン記憶ソフトV6000】
語呂合わせは、どうも・・・という方に試して欲しいソフト。(視聴可能)
寺子屋主人とは・・
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます。
お役に立てれば幸いです。

お気に入り追加は↓
センター試験9割越え攻略法・・
2013年度大学入試センター試験まで・・

(2013/01/19日〜)

平成21年度以降の大学入試センター試験の実施期日については、「1月13日以降の最初の土曜日及び翌日の日曜日」とすることが文部科学省から各国公私立大学長に対して通知されています。

大平俊介さん勉強法
国公立医学部だけでなく、「センター9割、2次(記述)偏差値70」越えの勉強法、問題集が未だ決まっていない、定番本が分からないという方には、是非ともおすすめしたい学習法・教材です。

大平(おおだいら)さんの新作レポートです。

大学入試にもつながる高校受験勉強法マニュアルDVD
高校受験から大学受験を目指す方々に読んで頂きたい、「正しい学習法」、当たり前に意識しておかなければならない学習法です。学習時間が長いのに、成績が向上しないという方には、是非一読して頂きたいマニュアルです。(大平さん自身の動画でレポートの内容が確認できます)
大学選びの資料請求
徹底反復演習

徹底反復音読プリント―陰山メソッド 小学校全学年 (教育技術MOOK)


理科・社会・計算・漢字。どんな科目でも基本は反復して暗記すること。「知は力なり」をどれだけ早くお子さんに実践させるか。
大学現役合格を確実にするために家庭学習、反復学習の徹底を!
Recent Comments
トラックバックどうも!
資格学校 宅地建物取引主任者 fp (時代遅れのサラリーマンにならない為のホームページ)
資格を取るための学校
  • ライブドアブログ