英単語連想記憶術・・・

題名を聞くと何となく小難しいような、胡散臭いような気がしますが、
この著書ほどはまった受験生には絶大な効果をもたらす単語集はないでしょう。

お恥ずかしい話(笑い)、私がこの書籍で大学受験英単語を征服しました。

私が受験生の時には、ほとんどの受験生・仲間は、
「試験に出る英単語」通称、「出る単」を持参してせっせと暗記していたようです。

どうも英単語集を毎日毎日何ヶ月間もやる継続性のない私は、
この語呂合わせにはまってしまったのです。

とにかく、忘れず、記憶が長持ちするという点では、最高の参考書と言い切ります。

語呂合わせに違和感を感じない受験生でしたら、第1集から第3集まで、1ヶ月あれば、暗記できます。

その方法を書いておきます。(ご参考までに)

まず、第1集を見てみると3つのパートに分かれています。
そのパートをカッターを使いばらします。(思い切り開いて、糊の部分を丁寧に何度もカッターでなぞっていくと本を分解することができます。失敗しても責任は取れませんが・・笑い)

その1分冊を1日でやりきります!
次の日に1分冊+2分冊目、3日目に1〜3分冊つまり第1集を全部反復します。
4日目〜7日目は、どうしても思えられない単語をノートの右左に書いて覚えます。
(もちろん暗記用の単語帳を使ってもかまいません。但し、初日目から単語帳を使うのはいけません。1日で大量のインプットを行うので、いちいち単語帳に起こしていたら、単語帳がいくらあっても足りません)

この作業でおよそ500程度の見出し語を暗記できるはずです。
これを題3集まで繰り返すと、1ヶ月以内に大学受験英単語1500個程度を
暗記できることになります。

英単語に何ヶ月も時間をとられたくないという受験生は、是非試してみてください。
一晩で100個や200個を覚えることがそんなに大したことはないということが実感できると思います。
但し、英単語暗記の期間中は他の教科の勉強がおろそかになる可能性がありますので、第3集までを一気に仕上げるのではなく、連休などのときに分けてやるのも一つの手だと思います。

とにかく英単語は集中的に覚えた方が模擬テストでのテストの点数が急上昇するのが分かり、実感できます。
単語の集中暗記は、後に続く、英文法や長文問題の演習に大いに役立ちますよ。


(現在はデラックス版と称して、暗記シートで隠し暗記を助ける構成になっていますので、書籍をばらす必要はありませんが・・・)

英単語連想記憶術〈第1集〉―心理学が立証した必須4000語の獲得英単語連想記憶術〈第2集〉―笑いながら獲得する必須3000語
英単語連想記憶術〈第3集〉10倍速く覚える忘れない2500語英単語連想記憶術総仕上げトレーニング―どんどん記憶してしまう新覚え方
Amazy