小学校の国語学習で身に付けることは・・・・・

・語彙力を増やすこと
・文章を読むことに対するコンプレックスを無くすこと
・客観的に文章を読もうとする癖をつけること

だと思います。

段階的に進めていくならば、「読むこと」を優先させていくべきだと思います。
もちろん語彙力を徹底的に学習すること、漢字の学習を徹底的に学習することを並行して学習できるならばそれに越したことはありません。

ただ小学校低学年の子供たちが毎日国語の学習に何時間の勉強時間が取れるのかを考えた時に、全ての学習を並行してやることで勉強嫌いになってしまっては元も子もなくなってしまいますから・・・

まずは、読めること、できることを優先させてみることが大事だと思います。

そこで真っ先に行えるのが、「音読」です。
残念なことに「ゆとり教育」が叫ばれてから国語の授業時間が極端に少なくなってしまい、学校の授業で音読の時間を充分とるような授業がなされなくなってしまいました。
ですから、この音読という大事な習慣を毎日少しずつでも家庭で行わなければならないと考えます。
この音読の習慣を付けることにより、ただ単に国語の本、文章が読めるようになるというだけではない、副次的な効果が期待できますし、その効果を現実に見てきました。

音読の効果は、他の教科にも大きく影響しますし、記憶を必要とする科目の学習にも大きく貢献します。口を動かし、音を出し、それを聞くという自分の感覚をフルに使う学習が、子供たちに良い影響を与えないはずはないですよね。

教科書の音読でももちろん結構ですが、できるだけ多くの良い文章を音読させるにはやはり音読集が最適です。
下記でご紹介している音読プリントは、古典、漢文なども含まれ、中学校以降の学習にも大きく役に立つ内容となっています。これらの文章を繰り返し、できれば暗誦するくらいに音読を反復すれば、必ず国語力・記憶力が向上することと思います。

小学校の国語学習の第一歩としておすすめしたいと思います。
(斎藤先生の教材は是非親御さんも一緒に! 笑い)

徹底反復音読プリント―陰山メソッド 小学校全学年
小学館
陰山 英男(著)
発売日:2004-07
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 教科書以上?
おすすめ度5 子ども達の日々の音読に最適
おすすめ度5 大変よい
おすすめ度4 内容の充実さ。幅広さに脱帽!
おすすめ度5 徹底反復シリーズのなかで一番のヒット!
斎藤孝の脳いきいき!大人の音読プリント
小学館
斎藤 孝(著)
発売日:2004-09